ラムダ式

Genelic.Listを良く利用します。
配列使うときなんか利用しやすい。
Genelic.Listで検索するときなんかにラムダ式は簡単です。

下記のクラスがあったとします。

Public Class TESTCLS
Property CODE As Integer
Property NAME As String
End Class

そんで、下記のようにリストを作成します。

Dim TESTS As Generic.List(Of TESTCLS)
'適当にデータ投入
For COUNTER as Integer = 0 to 10
dim TMPTEST as New TESTCLS
TMPTEST.CODE = COUNTER
TMPTEST.NAME = "TEST" & COUNTER
TESTS.Add(TMPTEST)
Next

検索します。

'CODEが2のものを検索
Dim F_TEST As TESTCLS = TESTS.Find(Function(a) a.CODE = 2)
'F_TESTに検索結果がセットされる
Dim KENSAKUNAME as String = F_TEST.NAME

ラムダ式のやり方を初めて見た時、簡単になり過ぎて感動したなぁ


SQLで大小比較の条件文

Oracleしか使ってないので、SQLServerはあまり知りませんが・・・
decode文を使うときに大小比較を行う場合、単純には出来ません。
SIGN関数を使います。

A>BのときにC、A<Bのときはd、A=BのときはEを出したいとき
decode(SIGN(A-B),1,C,-1,D,E)
っていうふうにやります。

case文なら

case
when A < B then C
when A > B then D
when A = B then E
end

という感じで出来ますけどね、ちょっとした条件文のときはdecodeのほうが早く書ける気がする。
慣れかもしれんけど

GoogleMapApiの利用

htmlは以下
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8"/>
    <title>タイトルが入ります</title>
    <script src="http://maps.google.co.jp/maps?file=api&v=2.x&key=KEYを入力"type="text/javascript"></script>
 <link rel="stylesheet" href="/accordion/style.css" type="text/css" />
 <script type="text/javascript" src="/accordion/script.js"></script>
<style type="text/css">
<!--
body {
 font-family: Verdana, Arial, sans-serif;
 font-size: 12px;
 margin-top: 6px;
 margin-left: 6px;
}
div#map {
 border: 2px outset gray;
}
div#sidebar {
 border: 1px solid #666;
 padding: 4px;
 line-height: 2;
 overflow:auto;
}
img {
 border: 0px;
}
//-->
</style>

</head>

<body onload="initRollovers();" onunload="GUnload();">

<!-- Mapのサイズ(幅・高さ)-->
<table>
  <tr>
    <td valign="top" WIDTH=99% height="100%">
     <div id="map" style="width: 99%; height:700px" ></div>
    </td>
    <td valign="top" WIDTH="100px" height="100%">
     <div id="sidebar" style="overflow:auto;width:102px;height:99%;">
      <div id="accordion" align="left">
    <dl class="accordion" id="slider">
    </dl>
   </div>
  </div>
 </td>
  </tr>
</table>
<div id="directions" style="width: 275px"></div>
jsは以下


    
accordion要素も入れてみたけど超読みにくい;;


accordion

アコーディオン機能を入れる場合はこれで
http://www.p51labs.com/accordion/
下記を忘れずに入れること

RoundTable

WEB会議に利用するカメラ
一人用は良く見るけど多人数用は昔すごく高かった。
Polycomのカメラなんてもう・・・手が出ない。


そんな中、RoundTableです。

実売50~60万ぐらいかな。
1台で12人くらいまでは利用できます。
話している人に焦点が自動的に行くのは結構すごい。

昔からモーターみたいなのが動いて話してる人にフォーカスが行くやつあったけど、
高すぎて全然手が出なかった。
こいつは話してる人へのにフォーカスが切り替えが一瞬。
結構サクサク動きます。

Microsoft製だったらしいけど現在販売はPolycomらしい。
しかもPolycomのサイトを見ると大塚商会と内田洋行しか販売代理店が無いらしい・・・
もっと流通して安くならんのかなぁ

一人づつ参加する会議が主流になるのはわかるけど、年齢層が高い組織は
こういうのから入っていくのも良いと思うけどね。
カメラをあまり意識しないで良いから抵抗感が低いみたい。
まぁあまり意識しすぎないと、相手に伝わってないということもありますが・・

これは買いだと思います。

Lync Server

OCS(Office Communication Server)の後継らしい。
値段も変らんみたい。

OCS2007は運用中だけど、導入はえらい簡単だった。
これでSI費用とれるんかな・・・まぁうちは払わないけど。
意外に安くて良いものがたまにあるMicrosoft
WEB会議を自前で構築したいときはおすすめです。

LyncServerの導入はどうなのかなぁ
来月あたりやってみるかな


HP BL465cでHyper-V

VmWareも良いですが、WindowsServerに慣れてるのでHyper-Vもやってます。
HP BL465c G5 と G6 (G7はHyper-Vやってないからわからん
BIOS設定(HPではRBSUという名前?)を変えないと動きません。


  1. RBSUを起動
  2. アドバンストオプション
  3. プロセッサオプション
  4. No-Executeメモリ保護をEnabledに
  5. AMD VirtualizationをEnabledに(Intelは知りません・・
  6. セーブして起動
Hyper-Vを起動してエラーが出た後でも上記設定変更でOK。

ESXは設定しなくても動く・・ような気がする(確認してない


Xperiaで複数アカウント管理

Android2.1にバージョンアップしたらアカウントを追加できるようにはなったけど、
追加のアカウントはGmailと連絡先しか表示されない・・・
カレンダー使いづらい・・
GalaxyTabはAndroid2.2だからか、追加アカウントもカレンダー使える。
Xperiaも使えたらなぁ


Bloggerでコードハイライト

http://www.kuribo.info/2008/06/blogger-syntax-highlighter.html

この機能がコードハイライトと呼ぶこと自体を知らんかったけど・・・

<pre class="java" name="code">

(コード)

</pre>

html表示は

<を&lt;

>を&gt;

に変換しておくこと

classのとこは
Language Aliases
C++ cpp, c, c++
C# c#, c-sharp, csharp
CSS css
Delphi delphi, pascal
Java java
Java Script js, jscript, javascript
PHP php
Python py, python
Ruby rb, ruby, rails, ror
Sql sql
VB vb, vb.net
XML/HTML xml, html, xhtml, xslt

すごく便利!